デイトナころがし

ロレックスが好きな駅員です。最近ポーカーにも興味を持ちました。

賃貸派?持ち家派?どっちがお得か? 夢のマイホームは危険かも

夏休みの宿題っていつやってました?

始まってすぐですか?

それともちょっとずつ進めてました?

夏休みの最期に追い込みでやるタイプですか?

わたしは2学期が始まってからやってました!

はいどうも、追い込まれて力を発揮するタイプ、

おかねなしおさんです。こんばんわ。

 

追い込まれて力を発揮するというか、

追い込まれないとなにもしないが正解ですw

 

さて、今日は誰もが頭を悩ます賃貸か持ち家か?

についてわたしなりに書いていきたいと思います。

 

賃貸と持ち家で違うところ

結論から言ってしまうと、

私は賃貸がいいと思いました。

 

賃貸と持ち家の違いを説明すると。

みなさんご存じだとは思いますけど汗

 

賃貸は毎月家賃を払います。所有権は貸してる大家さんのもので、

借主はお金を払うだけで、自分のものにはならないですね。

 

対して、持ち家だと、ローンを組んでその家なりマンションなりを

購入するわけですね。

当然所有権は購入した自分のもので、いわゆるマイホームです。

 

賃貸だとお金払って借りてるだけで、資産にはならないので無駄!

よく聞く言葉ですよね。

 

f:id:neozeon0087:20190904202658j:plain

グラップラー刃牙 秋田書店 板垣恵介 より引用

 

これ使ってみたかったんですw

そうです。そんな風に考えていた時期が私にもありました笑

 

実際、つい最近の話ですが、賃貸無駄だからマンションを買おう!

と思って物件を探したり、実際見に行ったりもしました。

 

 

マイホーム購入、住宅減税で最大40万円減額

今は住宅減税というのがあって、住宅を購入するときにお金を借りて

12月末日に残ってる借り入れ額の1%が減税されるというものです。

 

最大40万円が所得税、住民税から減額されます。

なので、年末に4000万円以上ローンが残っていたら、

最大の40万円恩恵が受けれます。

 

所得税、住民税からの減額なので、所得税、住民税が

減額される額より少ない場合は所得税、住民税の額までしか

減額されません。

 

住宅ローンって1%以下で組めるとこもあるので、

この住宅減税をうまく使えば、実際の販売価格より

安く買えるなと思ったので、購入を検討してみたわけです。

 

具体的に説明すると、例えば4000万ローンを組んだとして

借りた時の金利が0.5%だったとすれば、一年の金利は約20万。

 

その借りた4000万に対して、住宅減税が40万。

金利20万に対して、40万の減税を受けれるので、

20万円得になる!って思ったんですね。

住宅減税は10年間なので、

200万円近く得する!!

まぁこの200万ってのは言い過ぎですがw

実際は借入額も減っていくので、200万は無理ですね。

でもそれに近い額は得できるなと思いました。

 

 

マイホームは危ない!日本の人口が減ってきている

よし!賃貸はお金払うだけで無駄だし、

マンション買おう!ってなったんですが、

そこでちょっと考えたんです。

 

いま日本の人口って全国的に減少してきています。

2018年は43万人減少したそうです。

全国47都道府県のうち、人口が増加しているのは、

東京都、沖縄県、埼玉県、神奈川県、愛知県、千葉県、福岡県の

1都6県で、他は減少しています。

 

この増加している1都6県ですが、

実際は他の県から転入してくる人が、

転出する人より多いから増えているだけで、

死亡数と出生数を比べると、全国で沖縄県だけが、

死亡数より出生数が上回っています。いわゆる自然増です。

 

他の都道府県は生まれてくる人より亡くなった方の方が多いわけです。

沖縄県だけなんですね人口が増えてるのって・・・。

 

いまは都心部に人が転入していているので増えている

1都6県ですが、2030年をピークに

東京都も人口が減少していくそうです。

 

このような状態ですが、マンションとかどんどん建ててますよね。

なぜかというと、まだ需要があるからということです。

 

人口は減っていますが、世帯数は増えているわけです。

つまり、1世帯当たりの人数が減ってきているってことですね。

 

世帯数が増えているので、まだ建てても売れるわけです。

でも売れるのは3LDKとか大きいタイプではなくて、

1LDKとか1DKとかのコンパクトなタイプです。

 

1世帯当たりの人数が減ってきているので、

大きい家は必要ないんですね。

 

でもこの増えている世帯数も、これから10年20年したら

減少してくるはずです。

日本全体の人口が減ってきているのですから、

これはもう必然です。

 

建設業者からしたら建てて売ってしまえばそれでおしまいですが、

買った方はそうはいきません。

維持費やリフォームなどランニングコストが掛かりますよね。

 

せっかくローン組んで買った持ち家が、

将来人口が減ってくると、住宅が余るようになり

価値が下がってくるはずです。

 

15年後くらいには全住宅の1/3が空き家になるという

恐ろしい試算も出ています。

 

都市部のど真ん中に買ったマンションとか一軒家ならまだしも、

郊外に建ってるマンション、一軒家なんか買ってしまったら

たぶん売りに出しても買ってくれる人はいないと思います。

 

だって1/3も空いてるんだから都市に近いところ買いますよね?

そんなに空いているなら価格も安くなってくるだろうし、

売ることもできないし、貸しに出しても郊外じゃ誰も借りてくれない。

負の遺産です。

 

まとめ

昔は、土地を買えば儲かる!みたいなバブルもあったようですが、

今後はその逆になっていくのだと思います。

 

賃貸なら、隣に変な人がいたとか、職場が変わったとかでも

引っ越しすればいいだけですし、とても身軽です。

 

対して、持ち家を買ってしまうと、ローンはあるし、

引っ越しもできない、縛られる感じですね。

将来的に価値も下がりそうだし、あまりメリットはないかなと

私は思います。

 

わたしはずっと賃貸でいくのかなって思ってます。

買うなら一括で買えるお金ができてからですかね。

もしくは住宅減税があるうちに、10年の減税が終わったら

すぐ一括返済できるお金があるなら買ってもいいのかなって

感じですかね。

でもやっぱり持ち家はリスクがあるから賃貸かな・・・。

 

あくまで私の考えです。ご参考までに!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

ブログランキングに参加しました。

下の方のジュエル・時計ボタンクリックしていただけると

励みになります!!

 

ではではこのへんで